MENU
LINE再診予約

子どもの矯正|茨木市茨木駅徒歩2分の歯医者・歯科医院【新井歯科】

子どもの矯正

Children's Orthodontic

Children's Orthodontic子どもの矯正

「きれいな歯並びは最高のプレゼント」

子どもの矯正

お子さんの歯並びや噛み合わせで気になることはありませんでしょうか?
矯正治療が必要だと思われる場合、多くの場合は歯並びがガタガタしていたり、歯が前に出ていて出っ歯が気になることが多いと思います。
事実、そういった悩みがある割合は多いですが、矯正治療が必要な歯並び、噛み合わせには様々なパターンがあります。歯並びや顎の位置関係が悪く、上下のかみ合わせが正常でないことを不正咬合と言います。不正咬合には様々な種類があるので、チェックしてみてください。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)

下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯周病になりやすいです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことでむし歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ている状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、むし歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

どうして咬み合わせや歯並びが悪くなるのでしょうか?

咬み合わせ・歯並びが悪くなる原因は様々ですが、大きく分けて「遺伝的要因」と「環境的要因」があります。
遺伝的要因というのは、「生まれつきあごの骨が小さい」「生えてきた歯が大きい」などの原因のことです。
環境的要因というのは、お口のまわりの筋肉の機能が弱い、指しゃぶりや頬杖をよくしている、いつも口がぽかんと開いている(口呼吸)、舌を前に出す癖がある(舌突出癖)、食事をあまり咬まずに食べる、姿勢が悪いなどの日頃からの癖や生活習慣が原因となるものです。
これら様々な原因が合わさって、咬み合わせ・歯並びが乱れてしまいます。

子どもの歯並びが悪いと

むし歯や歯周病になりやすくなる

歯が重なることで歯みがきがやりにくくなり、むし歯や歯周病になりやすくなります。

顔の成長に影響を与える

まっすぐよく噛むことで、あごの骨は健全に成長します。口呼吸をしていたり、歯の並びが悪いと、あごの骨がうまく成長せず、顔つきにまで悪い影響を与えます。

口臭がしやすくなる

歯並びが悪く、口呼吸をしていると口の中が乾燥し、口臭が生じる原因になります。

風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすい

あごの成長がしっかりと行われないと、鼻腔もしっかりと発達しないため、鼻呼吸がしにくくなり、口呼吸になってしまいます。口呼吸だと、細菌やウイルスが直接喉に運ばれるため、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

集中力が低くなったり、姿勢が悪くなる

あごの成長がしっかりと行われないと、呼吸による空気の取り込み量が少なくなり、脳に酸素が行き渡らず、ぼーっとして集中力がなくなり、学力にも影響が出ることがあります。
また、無意識に、がんばって空気を取り込もうとすることで、前傾姿勢になり、猫背などの悪い姿勢になりやすくなります。

矯正治療はいつから始めるのか

「子どもの矯正治療はいつから始めたらいいか?」
「矯正治療は大人の歯が全部生えてからするものなのか?」
「周りの子たちで矯正を始めている子もいるが、自分の子もした方がいいのか?」
と疑問に待たれる方は多いと思います。

矯正治療は一概に何歳からした方がいいと言えるものではありません。成長度合いや、歯やあごの状態はそれぞれ違うからです。
矯正を始める時期の一つの目安として、

  • 受け口(上の歯より下の歯が前に出ている)がある、3歳児検診で受け口だと指摘された
  • 学校の検診で不正咬合だと指摘された
  • 大人の歯が足りない(生まれつき永久歯が足りない)と指摘された
  • 前歯が生え変わってきたものの、かみ合わせが反対になっている(小学1年生前後)
  • 小学生になったが指しゃぶりなどのくせが残っている
  • 犬歯が生えてくるスペースが無いように見える(小学3、4年生)
  • 全ての永久歯が生え揃ったものの、歯並びが気になる(中学1年生前後)

などを一つの目安とすると良いでしょう。
早期に矯正の必要性がわかるよう、定期的に歯科検診を受けられることをおすすめします。

成長過程だからこそできる小児のための矯正

小児の矯正は、あごの骨の成長を促しバランスや大きさを整える1期治療(骨格矯正)と成長したあごに合わせて歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療です。

1期治療は、あごの骨がまだ柔らかく、これから成長していく子どもだからできる治療です。

大人の歯が生えそろってから矯正治療が必要となる場合、多くがあごの骨の成長不足や、上下のあごの位置関係が悪いことが原因です。歯が並ぶスペースがない場合、歯を抜いて矯正する場合が多くなります。
しかし、子どものうちに、あごの骨のバランスや大きさを整えることで、なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もあります。
2期治療になった場合でも、あごの骨がしっかり成長していると、あとは歯を動かすだけなのでスムーズに行く場合がほとんどです。

小児矯正をするメリット・デメリット

メリット
  • あごの成長発育をコントロールできる。
  • ワイヤーを使わないのでむし歯になりにくい。
  • 将来的に抜歯や骨を削る手術を受けなくて良くなる場合が多い。
  • 出っ歯や受け口など、歯並びや噛み合わせを改善できる。
  • 正しく食べられる、正しく話せるようになる。
  • 費用が安くすむ。
  • 全身の健全な発育にもつながる
デメリット
  • 取り外しの装置は、きちんと矯正力がかかるかどうかは、子どもに依存する部分が大きく、非協力的な場合はうまく矯正が進まないことがある。
  • 成長に伴い、再度歯を動かす矯正が必要になる場合がある。(ただしあごの骨が適切に成長しているとその後の矯正治療はスムーズにいく)
  • 両親の協力も必要になる

子どもの矯正装置のご紹介

プレオルソ

プレオルソ

プレオルソは、歯並びをきれいにするとともに、お口の筋肉や舌の動きも正常に矯正する、小児マウスピース矯正装置です。筋肉や舌が正常に動かないことが原因で、あご骨の成長が妨げられたり、歯並びが悪くなることをふせぎます。また、ぽかんと口や歯ぎしりなどの改善にも役立ちます。ワイヤーを装着したりする必要がありませんので、お子さんも嫌がりません。乳歯列期と混合歯列期である5~10歳の時に使用します。取外し可能で、ご自宅にて装着・使用してもらいます。

プレオルソの特徴

  • 歯並びの改善、悪化の予防につながる
  • ワイヤー矯正のように痛みがほとんどない
  • 舌を正しい位置に持ってこられるようになる
  • 口まわりの筋肉バランスを整える
  • あごの骨の前後的・左右的なズレの改善ができる
  • 寝ている間と家にいる中で1時間装着する
  • 一般的な小児矯正よりも費用が抑えられる

いろいろな歯並びを改善できる

出っ歯
出っ歯
横から見た時に上の歯が出ている
受け口
受け口
横から見た時に下の歯が出ている
叢生・乱グイ歯
叢生・乱グイ歯
顎が小さく歯並びが凸凹
開咬
開咬
奥歯は噛むけど前歯が閉じない
深いかみ合わせ
深いかみ合わせ
上の歯が下の歯に覆いかぶさっている

プレオルソの使い方

基本ご自宅で使用します

日中

最低でも1時間以上、できるだけ長い時間装置を入れて過ごします。基本はお口を閉じるようにしますが、おしゃべりをしても問題ありません。

就寝時

装置を入れたまま、寝てください。お口が開く場合はテープで唇をふさぎます。

トレーニングを併用することでさらに治療効果が高まります
  • ● 舌・口元のトレーニング
  • ● 発音のトレーニング
  • ● 水を飲み込むトレーニング

パナシールド プラス

パナシールド プラス

歯並びの改善はある程度大人の歯が生えてからでもできます。しかし、受け口(上の歯よりも下の歯が前に出ている)は早急に治療するのが望ましいです。3歳児健診で全体の約5%の子どもに反対咬合が見られます。歯科医院に行っても、「このまま永久歯が生えるころまで様子を見ましょう。」と言われて様子を見ることが多いと思います。
しかし反対咬合は自然に治る可能性はかなり低く、積極的な治療が必要と考えられます。成長期に下のあごの骨格が前へと誘導されてしまい、歯並びの問題だけでは解決できなくなることがあるからです。対象年齢は3~6歳くらいです。

パナシールド プラスの特徴

  • 型取りをする必要がなく、装置がシンプル
  • 軟性の材料で作られているため慣れるのが早い
  • 口の大きさに合わせて装置の大きさを調整することが簡単にできる
  • 舌を正しい位置に持ってこられるようになる
  • 受け口を早期に改善できる

急速拡大装置

急速拡大装置

歯並びが悪くなる原因の多くは、上あごの発育が不足しているからだと言われています。あごの骨の成長は、上あごの成長がまず先に起こり、その後に下あごの成長が続きます。そのため、上あごが十分に発達していないと、その内側に入る下のあごも小さくなってしまい、全体的にあごが小さくなって、歯がきれいに並びきらなくなるのです。

そこで成長期の子どものあごの成長を促進するための「急速拡大装置」を使います。
この装置は上あごの内側に入れる装置で、大人の歯と固定してしまいます。真ん中にネジが組み込まれており、1日1回ネジを回すことで、徐々に骨格を広げていくことができます。
発育不足の上あごを広げて骨格が広がることにより、下あごも自然に広がっていき、歯も理想的な位置に並びやすくなります。それにより、お顔の形と歯並びが整います。また、それだけでなく、鼻腔が広がって鼻呼吸がしやすくなる、しっかりと噛めるようになる、ということが健康にとっても大きなメリットとなり、将来的にも健やかに過ごせる可能性が高まります。

急速拡大装置の特徴

  • 固定式の装置なので効果が得られやすい
  • 機械的に力をかけるため、短期間で確実にあごの骨が広がる
  • 大きな装置がお口に入るため、歯ブラシなどきちんとした手入れが大切

もちろん「1期治療」で歯並びも改善される場合は多くあります。
しかし直接歯を動かすものではありませんので、歯並びがまだ気になる場合は、永久歯が生えそろってからの歯列矯正である「2期治療」が必要になる場合があります。
2期治療へ移行する場合は、検査代を含めすでにお支払い頂いた矯正費用は引かせていただきます。つまり、お子さんの生涯にかかる矯正治療費の上限を保証する形を取らせていただいております。

例えば・・・

  • 1あごの位置が悪いため5歳からプレオルソ(10万円)をスタート
  • 2あごの幅を広げるために急速拡大装置(30万円)へ移行
  • 3歯を動かすためにインビザライン(80万円)をして終了

この矯正代金は全てトータルで80万円になります。

1期治療を行わずに2期治療のインビザラインを行う場合も、同じ¥800,000(税別)となります。
特に、1期治療から2期治療に移行する場合は骨格や筋肉の問題が少なく、2期治療の難度が大きく下がるため、患者さんの負担も少なく容易に矯正治療が可能となります。

Price料金表

矯正相談 ¥0 まずは気軽にご相談ください
精密検査、診断料 ¥30,000
1期治療 プレオルソ ¥100,000
パナシールド プラス ¥100,000
急速拡大装置 ¥300,000
2期治療 ワイヤー矯正 ¥700,000
インビザライン ¥800,000
毎回の調整料 ¥3,000

※ 料金は全て税抜き表示となっております。

※発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。