MENU
LINE再診予約

矯正歯科|茨木市茨木駅徒歩2分の歯医者・歯科医院【新井歯科】

矯正歯科

Orthodontic

Orthodontic矯正歯科

「きれいな歯並びで楽しい毎日を」

矯正歯科とは

矯正歯科とは、一般的には悪い歯並びをきれいに治す治療のことをいいます。歯の並びは、その人の顔の印象に大きく影響します。歯並びが良くないと、話している相手も気になるかもしれませんし、何よりご自身が気になっていることで、大きく笑えなかったり、人と話すのが嫌になる方もいます。

矯正治療により歯並びが良くなると、見た目も良くなり、毎日が楽しくなります。また、本人が歯の並びを気にしていなくても、矯正治療を受けられた方がいい場合があります。矯正治療によって、見た目の改善以外に以下のようなメリットがあります。

1むし歯・歯周病になりにくくなる
歯並びが良くないと、食べ物が歯と歯の間にはさまりやすかったり、歯ブラシの毛先がうまく入らず、むし歯や歯周病になりやすいです。歯並びが良くなることで、歯ブラシもしやすくなり、歯の健康を守りやすくなります。
2被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)が安定する
食事や会話など、日常生活の中で、歯には強い力がかかっています。歯が傾いていたり、噛み合わせが悪い部分には噛む力が集中しやすく、せっかく入れた被せ物や詰め物が外れることがあります。歯並びをよくし、全体的なバランスを整えることで、歯にかかる力をうまく分散でき、被せ物や詰め物が長持ち、安定します。
3顎関節症、頭痛、肩こりの改善が期待できる
左右の耳の前方付近には顎の関節があります。食事や会話中にお口を動かす際、顎の関節や筋肉を使います。歯並びが良くないと、顎にかかる力が左右で異なることで、顎関節症の原因になったり、頭痛や肩こりの原因にもなります。矯正治療でバランスを整えることで、それらが改善することがあります。
4全身の健康状態が向上する
矯正治療により噛み合わせが良くなることで、食べ物をしっかり噛めるようになります。栄養の吸収が良くなり、唾液も増えることで免疫力の向上も期待できます。

矯正治療を行うにあたって

歯並びが悪くなる原因の多くは、歯が生えるスペースが不足していることです。
顎が小さかったり、生えてくる永久歯が大きかったり、むし歯で乳歯を抜き隣の歯が寄ってスペースが小さくなったりと様々な要因があります。しかし、それ以外の原因も多くあります。

  • 舌が正しい位置にない
  • 舌や頬、唇の筋肉が弱い
  • あまり噛まずに食事をしている
  • 頬杖や指しゃぶり、爪を噛むなどの悪習癖がある
  • 姿勢が悪い

などです。
矯正治療前にバイオセラピー(生物学的機能療法)を行い、それらを改善することで、治療がスムーズに進んだり、治療後の後戻りも防げます。小さいお子さまでしたら、バイオセラピーだけで、きちんと顎が成長し、歯がきれいに並ぶスペースが確保できる場合もあります。

子どもの矯正(小児矯正)

大人の歯の並びは、子どもの時の歯並びで大体が決まります。
子どもの時に歯並びが悪いと、将来的な歯並びはもちろん、顎や顔の適切な成長発育を妨げてしまいます。子どもの矯正(小児矯正)は、顎の骨のバランスや大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と、永久歯が生えそろってから歯の位置を整える「2期治療(歯列矯正)」の2段階からなります。

第1期治療

乳歯と永久歯が混じった時期の治療で、主に顎の成長をうながす治療を行ないます。(6~10歳)

第2期治療

歯の1本1本に装置をつけ、歯の細かな位置関係をコントロールして最終的な咬み合わせを作ります。

大人の矯正(成人矯正)

永久歯が生えそろった方を対象とするのが成人矯正で、「2期治療」ともいわれます。近年、治療技術の進歩により、矯正治療に年齢は関係なくなり、患者さまのライフスタイルに合わせてさまざまな治療法が選択できるようになりました。

不正咬合の種類

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が前に傾斜して生えている状態です。または下の歯全体が後ろに位置することでも出っ歯に見えます。この状態だと前歯でくちびるを切ってしまったり、顔を強打したときに歯が折れやすくなります。

下顎前突(がかくぜんとつ)

下顎前突(がかくぜんとつ)

出っ歯とは逆に、上の歯より下の歯が前に出ている状態です。上の顎が小さい、もしくは下の顎が大きいことで起こります。うまく食べ物が噛めなかったり、滑舌が悪くなる歯並びです。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

噛んでいても前歯がかみ合っていない状態のことです。発音が悪くなったり、前歯でものを噛み切ることが難しくなります。舌の癖や指をしゃぶる癖が原因で起こることがあります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態のことをいいます。この状態は歯磨きのときにブラシがしっかりと届きにくく歯垢が残りやすいため、むし歯や歯周病になりやすいです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深く噛んでいる状態をいいます。下の歯が上の歯茎を刺激することで口内炎ができたり、前歯が乾くことでむし歯の原因にもなります。

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上下顎前突(じょうかがくぜんとつ)

上顎・下顎ともに前に突き出ている状態をいいます。

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

上下の噛み合わせが横にずれている状態をいいます。左右の顎に成長の差が出ることにより顔が歪んでしまう場合があります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)

歯と歯の間に隙間ができている状態です。これは顎の骨の大きさに対して歯が小さく生えてしまうことが原因です。隙間があると食べ物が詰まりやすくなり、むし歯や歯周病の原因になります。また隙間から息漏れが生じるのでサ行・タ行・ラ行の発音が悪くなります。

矯正装置の種類

プレオルソ

プレオルソ

小児期の早期予防矯正治療用の装置で、鼻呼吸や舌を正しい位置へきちんと誘導します。悪い歯並びの根本的な原因に働きかけます。

急速拡大装置

急速拡大装置

歯並びが悪くなる原因の多くは、上あごの発育が不足しているからだと言われています。そこで急速拡大装置で、成長期の子どものあごの成長を促進します。上あごが広がることで、下あごも自然に広がっていき、歯も理想的な位置に並びやすくなります。それにより、お顔の形と歯並びが整います。

マルチブラケット

マルチブラケット

矯正歯科治療に一番良く使用されているマルチブラケットといわれる装置です。歯に装置を付け、ワイヤーで歯の並びを改善していきます。