MENU
LINE再診予約

小児歯科|茨木市茨木駅徒歩2分の歯医者・歯科医院【新井歯科】

小児歯科

Pediatric dentistry

Pediatric dentistry小児歯科

「0歳からのお口の健康」

子どもの歯は、たとえむし歯になったとしてもいずれ大人の歯に生えかわるので、大きな問題ではないと考える方も多いと思います。しかし、子どもの時の歯の状態、歯並び、生活習慣等は大人の口の環境に大きく影響します。そのため、①むし歯がない、②鼻呼吸ができている、③悪習癖がないことが重要です。単にむし歯を治すだけでなく、きちんとしたお口のケアや生活習慣を身につけていただき、むし歯のない歯や正しい歯並びとなるよう、指導・管理していくことを目標にしています。

乳歯の重要性

小児歯科

乳歯は丈夫な永久歯が生えるための準備の役割や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。

生えたての歯はとてもデリケートです

生えたての永久歯は、歯の表面が粗造で汚れが付きやすく構造も未熟なため、むし歯になりやすい時期です。時間をかけて、唾液中のミネラルを取り込み、だんだんと成熟していきますが、この時期のフッ素の利用は成熟するスピードを早めるため、とても効果的です。
乳歯にむし歯が残ったままだと永久歯もむし歯になるリスクが高かったり、生えるのが遅くれる原因になります。
お子さまの歯に異常を感じたら、お早めにご相談ください。

むし歯になりにくい口へ

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態で、むし菌はいないと言われています。では、なぜむし歯になるのでしょうか?

むし歯は感染症です。周囲の大人(特にお母さん)が使用した箸やスプーンを共有することでお子さまのお口にむし歯菌が移り、むし歯に感染してしまうのです。つまり、周囲の大人の方にむし歯が多いと、お子さまに感染するリスクは上がります。

むし歯菌に感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間で「感染の窓」と呼ばれています。この1歳7ヶ月~2歳7ヶ月の間に、お子さまと同じ箸やスプーンを共有しない、噛み与えをしない等のお口のスキンシップを控えることで、成長した時のむし歯の本数を少なくすることができます。

お子さまの歯の健康のために意識すべき点

  • 甘いおやつから歯にやさしいキシリトールなどが入ったお菓子に変える
  • すぐに飲み込ませずによく噛んで食べさせる
  • 食べ終わった後はすぐに歯磨きをする
  • 仕上げ磨きをしてあげる
  • 歯を磨けない場合には口ゆすぎをする
  • 間食は回数や時間を決めて食べる(ダラダラ食べは一番のむし歯リスク)

むし歯の予防

歯磨き指導
1.歯磨き指導

お子さまが歯磨きを好きになるように丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、むし歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しみながら、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

フッ素塗布
2.フッ素塗布

生えてきたばかりの永久歯は、むし歯になりやすく、しかも急激に進行します。
むし歯を予防するために、フッ素を歯の表面に塗布することで、だ液中に含まれるミネラルの取り込みを促進し、歯を強化します。
フッ素の塗布は、上下の前歯が生えそろった頃から行い、3ヶ月または半年ごとに受けることをお勧めします。
またご家庭でのフッ素洗口剤やフッ素入り歯磨き粉を、医院でのケアと並行されるとより効果的です。

シーラント
3.シーラント

お子さまの歯、特に奥歯の溝は複雑な形をしているので、なかなか歯ブラシの毛先が入りません。
そのため汚れが溜りやすくむし歯が発生することもあります。歯は削らずに、細かい溝を歯科用の薄いプラスチックでふさいでむし歯を予防するのがシーラントです。
シーラントは、生えたばかりの奥歯(6~7歳頃や11~13歳頃)の予防に有効です。

鼻呼吸を獲得しましょう

姿勢が悪かったり、舌の位置が正しくない、鼻の疾患があったりすると、口呼吸になってしまいやすくなります。
口呼吸は、顎の正常な発達を邪魔してしまい、歯並びに影響します。他にも風邪を引きやすくなったりもします。しっかりと鼻呼吸ができるよう、正しい舌の位置や姿勢の確認、訓練を行います。鼻や咽頭に原因がある場合は、耳鼻科への紹介が必要になる場合があります。

悪い習慣をなくしましょう

歯並びやかみ合わせに悪い影響を与える癖を「悪習癖」といいます。悪習癖があると、正常ではない力が成長期の顎や歯に加わることで、健全な成長の妨げになります。悪習癖には、以下のようなものがあります。

  • 指しゃぶり(吸指癖)
  • 唇をかむ(咬唇癖)
  • 爪を噛む(咬爪癖)
  • 舌突出癖
  • 頬杖
  • 口呼吸

ある程度の年齢(4歳以降)になっても、癖がある場合はご相談ください。

保護者の方へのお願い

子どもに、「歯医者は怖い」「痛いことをされる」といったイメージがあると、行くのが嫌になりますし、治療が必要な場合でもうまくできないことがあります。もちろん、当院もそれぞれのお子さまに合わせて、必要でしたら初めはお話や練習をして慣れてもらい、怖い・痛いイメージを待たない環境を作ります。ですので、ご家族の方にも、歯医者さんに来る前に気をつけていただきたいことがいくつかあります。

来る前のお願い

  • 歯医者さんは歯をピカピカにしてくれる所だと、良いイメージを持ってもらってください。
  • 決して日頃から「言うことを聞かないなら歯医者に連れていく」などの悪いイメージを植え付けないようお願いします。
  • 嘘はつかず、治療が必要な場合は、「今日は頑張って歯をきれいにしてもらおう」と勇気づけてあげてください。
  • 機嫌の良い時間帯に予約を取りましょう。

終わった後のお願い

  • ほかのご家族にも、今日歯医者さんでがんばったことを伝えて、みなさんから褒めてあげましょう。
  • 次回のお約束の前には、直前に「明日歯医者行くよ」ではなく、前もって何度も伝えてあげて、心の準備ができるようにしてあげましょう。