MENU
LINE再診予約

一般歯科|茨木市茨木駅徒歩2分の歯医者・歯科医院【新井歯科】

一般歯科

General dentistry

Cavityむし歯治療

「健全歯質を最大限残し、歯の寿命を延ばす」

むし歯の原因

むし歯

お口の中には、常在菌であるむし歯菌(ミュータンス菌)が生息しています。むし歯は、食事をした時に残った糖分を元にむし歯菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かすことで生じます。人の唾液には、お口の中を中性に戻したり、溶かされた歯を修復したりする働きがありますが、それ以上に酸が作り出されると、修復が間に合わず、むし歯が進行してしまいます。

むし歯は、以下の3つの要素が原因であると言われています。

1.歯質
歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。
2.細菌(むし歯菌)
むし歯菌が出す酸で歯が溶かされるのがむし歯です。歯磨きでむし歯菌を減らすことが大切です。
3.糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

むし歯の進行と治療法

むし歯は進行の度合いによって、C0〜C4に分類されます。それぞれの段階により、治療法が異なります。

初期のむし歯
C0初期のむし歯

歯の表層のエナメル質が、少し溶け始めた状態。歯に穴は開いておらず、痛みもありません。歯の一部が白く濁ったようになります。適切な歯みがきやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

エナメル質内のむし歯
C1エナメル質内のむし歯

歯の表面のエナメル質が、さらに溶けて、褐色〜黒くなっている状態。痛みがないことが多く、気づかずに放置することが多いです。むし歯になった部分だけを切削し、レジン(樹脂)をつめることが多いです。

歯の内部まで進行したむし歯
C2象牙質に達したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。食べ物も歯の間に挟まりやすくなります。むし歯におかされた部分の歯を削り、削った大きさに合わせて詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯
C3歯髄(歯の神経)まで進行したむし歯

むし歯が、象牙質のさらに内側の歯髄(歯の神経)まで達した状態。「冷たいものがしみる」だけでなく、「温かいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、激しい痛みを伴うこともあります。炎症を起こしている神経を取り除く治療(根管治療)を行い、被せ物で治します。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯冠が大きく失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みや腫れが生じます。多くの場合は抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。

むし歯治療の流れ

1むし歯の大きさの診査
レントゲンや検査器具でむし歯の進行度合いを調べます。
2治療計画の説明
現在のむし歯の状態について説明し、治療計画をお伝えします。
3むし歯の除去
基本的に麻酔を行い、最小限の削る量でむし歯をしっかりと取り除きます。むし歯が歯髄にまで達している場合は、神経の治療(根っこの治療)を行います。
4詰め物や被せ物を装着
むし歯の進行度合い、歯の残り具合に応じて、適した詰め物や被せ物を装着します。
詰め物や被せ物の種類は事前にご相談させていただきます。
5定期的メインテナンス
詰め物や被せ物が入れば終わりではありません。それらが長持ちするように、また新しいむし歯ができないように、定期的メインテナンスでいい状態をしっかりキープしていきます。

Dentures入れ歯

「入れ歯で見た目も身体も若返りましょう」

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法の一つです。歯と歯茎の部分を人工的に補うもので、1本〜数本を補う部分入れ歯から、全ての歯がない場合は総入れ歯へと、様々な状態に対応できます。
歯がないまま放置していると、認知症のリスクがグンと上がると言われています。
適切な診査、治療を受け、失った歯を補うようにしましょう。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えられることが最大のメリットです。デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感がある場合があることです。

レジン床義歯

レジン床義歯

土台(床)の部分を歯科用のプラスチックで作ります。
支えの歯に金属のバネがかかります。

メリット
  • 保険が効く
  • 修理や調整が簡単にできることが多い
  • 適用範囲が広くほとんどの症例に使用することが出来る
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 入れ歯を支える金具が目立ってしまう
  • 強度を確保するために土台に厚みを持たせるので、食事や会話時に違和感が出やすい
  • プラスチックなので温度感覚が伝わりにくい

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

金属床義

金属床義

土台(床)の部分を歯科用の金属で作ります。支えの歯に金属のバネがかかります。金属にはコバルトクロム、ゴールド、チタンなどがあるので相談させていただきます。

メリット
  • 保険のプラスチックと比べ、金属なので強度があり、壊れにくいです
  • 金属を用い薄く作れるため、食事や会話時の違和感が少ない
  • 金属なので温度感覚を通しやすい
デメリット
  • 保険適用外
  • 修理や調整がしにくい
  • 金属アレルギーの可能性がある
ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

土台(床)も入れ歯を支えるバネも樹脂で作ります。

メリット
  • 金属を使わない(一部使用する場合はあります)ので、審美性に優れている
  • 軽くて弾力があり、装着時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 保険適用外
  • 修理や調整がしにくい
インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

支えの歯の代わりに、インプラントを支えにする入れ歯です。顎の骨に埋め込んだインプラントにより入れ歯を安定させます。

メリット
  • インプラントを用いて入れ歯を支えるので、安定している
  • 他の入れ歯と比べ、しっかりと噛むことができる
デメリット
  • 保険適用外
  • インプラントを埋め込む手術が必要である
  • インプラント部の清掃が難しい

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話しにくいなどの問題が起こることがあります。また、次第に歯茎がやせていくことで、せっかくの入れ歯が合わなくなることもあります。

これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を作製し、定期的なメインテナンスを受けることが大切です。